HOME>コンテンツ>家賃債務保証が提唱しているサービス内容を徹底解説

家賃債務保証が提唱しているサービス内容を徹底解説

木の玩具

保証人が不要になります

家賃債務保証は賃貸住宅の家賃の滞納などが発生した場合に、借主に代わって家賃を立て替え払いするサービスのことです。賃貸住宅を借りる際には、通常借主は保証人を立てることが必要になります。借主が家賃の支払いを滞らせた場合には、貸主は保証人に対してこれを請求することができるのです。ただし近年では保証人を確保することが難しい人が多くなり、さらに貸主は迅速で確実な家賃の回収を希望することが多いため、借主と貸主のそれぞれの要望を満たすことができる家賃債務保証を利用するケースが増えています。ただし家賃保証債務を利用するためには借主は一定の審査を受けてこれに通過することが必要になりますし、さらに家賃保証債務の利用には料金の支払いが必要です。

マンション

確実な回収が可能です

アパートなどの貸主にとって、家賃債務補償はメリットが大きなサービスだといえるでしょう。借主が家賃を滞納した場合には保証人に請求することになりますが、そのためには煩雑な手間がかかりますし、さらに確実な支払いが受けられる保証もありません。一方で家賃債務保証を利用すれば簡単な手続きで請求ができますし、さらに確実な回収が可能になります。家賃債務保証を利用すれば、安定したアパート経営が実現するのです。また借主にとっても、家賃債務保証はメリットがあります。定職に就いて安定した収入を得ている人でも、様々な事情で一時的に家賃が支払えないことがあるかもしれません。そのような場合に家賃債務保証が利用できれば、保証人に迷惑をかけずに済むのです。家賃債務保証はあくまでもビジネスとして家賃の立替払いをおこないますので、後日滞納した家賃を支払えばそれでOKなのです。

広告募集中